歯科助手バイトのコツ

歯科助手の手取り給料はどれくらいなのか

歯科助手は、歯科医院に無くてはならない存在です。
どのような仕事かというと、先生のサポート、準備、片づけ、受付、事務、患者の誘導、声掛け、院内の雑務など、業務内容は多岐に渡ります。
医療と密接した職場ですので、ミスなく確実に業務を行う事が求められます。
患者と接する機会が多いので、コミュニケーション能力に長けている方、人と接するのが好きな方に向いているでしょう。
給料ですが、地域差もありますが、平均して手取り14~20万円程だと言われています。
ボーナスは2~3か月分を支給されることが多いようです。
勤務年数や経験を積んでいけば、年収のアップも期待できます。
大学病院や受入数の多い専門医院など、勤め先の規模の大きさによっても、給与に影響を与えます。
治療を行わないため、資格は必要ありませんが、歯科に特化した医療事務の資格もあり、習得の有無によって手当が付く院もあるようです。
業務が幅広く、忙しいイメージのある歯科助手ですが、やりがいの大きいお仕事です。

歯科助手の求人情報は他職種に比べ多い

日本には星の数ほどの歯科クリニックがあります。
その数はコンビニエンスストアにも負けていないと言えます。
そのため患者は自分のニーズや医師とのフィーリング、ライフスタイルや診療科目別に、様々なクリニックを好きなように選択して治療を受けることができます。
クリニックの数が多いということは、それだけそこに従事する人の求人が多いことになります。
そのため歯科助手の仕事も必然的に他職種よりも求人が多いことに繋がります。
またしか業界の中でも助手の求人は多くなっています。
それは歯科衛生士や歯科医と言った国家資格を有していなくても、求人に応募することができます。
また助手は結婚や出産を機に仕事を退職する人も多いために、次々求人が見られます。
また助手の求人に応募する際は、医療事務などの資格を持っていると採用率も高くなります。
それは助手と受付業務を兼任することができるために、採用側は利便性が高いと感じ積極的に採用しようとするからです。

check

オンライン英会話の初心者おすすめサイト

Last update:2018/10/26